Anuenue

“Anuenue”はハワイ語で虹。ハワイには 大きく色鮮やかな虹がよくかかるため”Rainbow State”という愛称があります。虹はハワイの象徴と言えます。ハワイの虹を作ったのは、メネフネという小さな妖精たち。メネフネは、働き者だけどとても恥ずかしがり屋だと言われています。人が寝静まった頃に活動し、工事を一晩で完成させます。そんなメネフネたちが、雨が降る時の鉛色の空を残念に思い「空に綺麗な虹を作ろう!」と言い、虹の材料を集める旅に出ました。

‘ULA’ULA 王家の赤い羽

’ALANI イリマの花

MELEMELE よく熟れたバナナの実

OMA’OMA’O 山に育つシダの葉

ULIULI 深海の青い水

PONI 女王様のシルクのドレス

これらの材料を特別な力を持つカフナが混ぜ合わせ空に放つと、太陽の光を浴び6色の虹になった…そうです。旅行中に虹を見ると「またハワイに戻って来られる」と言います。それは私たちが、メネフネたちの作った虹を喜んだからじゃないかと思います。

W Rainbow, Hawaii
W Rainbow, Hawaii

“Anuenue”はハワイ語で虹。白のビーズで雲を作り 虹をかけました。ハワイのことわざに"No Rain, No Rainbow"という言葉があります。雨が降らなければ、虹を見ることができない。悲しい事があっても、その後には必ずいい事が待っている という意味です。

ハワイでは二重の虹を見る事があります。これはダブルレインボウといい幸運のサインとされています。頑張ってきた事が節目を迎えた「卒業」、これから訪れる幸せへの「祝福」の意味があるそうです。ダブルレインボウを見つけたら、願い事を唱えてみるといいかもしれません。

"Moa'e"はハワイ語で貿易風。ハワイには爽やかな風が吹いています。春から秋にかけてハワイ諸島を吹き抜ける貿易風は。山の北東に多くの雨を降らせ 南西部に乾燥した風を吹かせます。AnuenueとMoa'eのピアス。虹の部分がモビールのように揺れます。ハワイの風を耳元で感じられたら素敵だなと思います。


 

 


コットンリボンに虹色のガラスビーズを一つずつ縫い付けました。フックはハート型になっています。

チョーカー

コットンリボンに虹色のガラスビーズを一つずつ縫い付けました。フックはハート型になっています。


E Komo Mai


ALOHAnobの手仕事へお越し下さり、ありがとうございます。ハワイで拾い集めたモノや思い出をネタに、アクセサリーや小物を作っています。LIVE, LOVE, LAUGH and GIVE ALOHA! をモットーに創作活動をしています。気に入って頂けた作品は、ハンドメイドマーケットでご購入いただけます。このWEBサイトでは、minneやiichiで伝えきれない作品のバックストーリーを紹介しています。また、身の周りで気づいた ”日々のALOHA” を、instagramの「ALOHAnobの手仕事」でつぶやいたり、ハワイ旅行のいろんな事をブログ「一日・一ハワイ」に掲載、毎週水・土曜日更新しています。 * Mahalo ALOHAnob 2018 *